ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Family @JusticePaladin Vol 5 
2006.08.13.Sun / 16:33 
「ゼウス、すいません。目標を見失いました。」

「そうか」

「索敵後、殲滅します。」

「そうか。」

プチ・・・・

ゼウスに一様の報告をして、再度ヤツラを見つけて、荷物の奪還、破壊をしなければ無くなった。

「しかし、逃げられるとは思いませんでしたね。」

「だな、相手を舐めすぎてた。あ、君もぅ帰っていいよ、ここからは機動力のある俺らで探すから、先に本部に戻っててねwww」

「はぃwわかりました。それでは」

そう言われたハイプリーストは本部に戻っていった。


「さーて、どうすっか?広さが獲りえのモロクの砂漠・・・・探すってもなぁ~」

「格好つけてプリさん帰すから。」

「うっさい」

「でも、“荷物“には手傷を負わせましたから、一旦どこかで、止まっていると思いますよ。」

「そうか、そんなら俺は地上から、お前は上空から探すとするか。こんなやっつけ仕事をしくじったら笑いもんになっちまうよ。」

「そうですね。パラディンとWIZ如きに逃げられたとあっては・・・しかも幻影騎士団所属の・・・・・」
「まったくだ・・・・・」








これから先をどうしようかと考えているうちに、箱の中の女の子が目を覚ました。

「????どこ?だれ?・・・・キャアアアアアアアアアアアアアアア――――――――――――!!」

・ ・・・・助けて、神様・・・・・・

「あのね、お嬢ちゃん。おにぃさんもあなたがダレなのか知りたいな。」

「・・・・・」

「怖くないから、平気だよ。見た目は変だけどねw」

「弟者、うるさいぞw」

「見た目から言えばそうなるじゃんwwwwだってwwwwwwだっせぇし」

「そんな、見た目だけのミニグラスなんか俺はつけない!男は黙ってアイアンケインだ!」

こんなやりとりを見ていた少女が口を開いた。

「えぇーと。私は・・・・」

少女が名前を口にしようとした瞬間!!

『居た!!!』

その声と同時に、影が出来た・・・
「見つかった!!??速すぎるぞ!!!!」

『おぉ~箱の中身は女の子かwいい趣味してんなwww』

『無駄口叩いてないで、行きますよ。』

『あいよ。今度は油断してぇぞ!!!!この糞が!!!!!!!!!』

背中に女の子を背負い、さくらに跨った。

「心配しなくて、いいよww俺が守るからね。」

少女はただ頷くだけだった。

やりますか。抜き身にした、サーベルを握り返す。今度は間違いなく逃げる事は出来ないだろう。ならばどうする・・・・


戦うしかない!!!!!!!守るべきものの為に!!!!

「行くぞ!弟者!!!」

「はいよw」

さっき少しだけ戦った感じで判った。まともやって勝てる相手でもない、各自撃破できる相手でもない。ならば二人で一人づつ殺しに行くしかない。

『ほぉ~その判断は正解だぜ、パラディン君。心配するな、俺が一人でお前ら二人の相手をしてやる。上のヤツには手を出せはさせないw。お荷物背負ってるしな。都合もいい。久々に俺を楽しませろよ。』

なんなんだ、こいつは・・・バカなのかそれとも相当自分の力に自信があるのか・・どっちかは判らないが、誘いに乗ってきてくれたのだから、ありがたい。好機は一度あるかないかだ、その好機を逃してはならないな。

「いくぞ!!弟者!!」
コクっと頷いた瞬間、動き始めた。

相手の武器は槍。長所としては間合いが遠い事、俺のサーベルの倍以上の間合いが存在する。しかし、懐にはいってしまえば、こっちのもんだ。
弟者のSGの詠唱に合わせて懐に潜り込む!!
しかし・・

『背中の荷物が邪魔だよなあああああああああああ』
そういいながら、突っ込んでくる。槍を構えたまま、キメラごと来た。SGが間に合わない!!確実に俺に向かってくるのか思えば・・・その標的は弟者だった!

『詠唱中のWIZってのはカモだ!的だ!そのくらい常識だろうが!』

槍が弟者を貫く。しかし、ダメージを受けたのは俺だ。そうww俺は献身を掛けていたのだ。弟者にもこの少女にも。

『ほーいいねぇwwお前、最高かもなwwww。決めた、おい!ハデス。』

『なんですか?』

『そのWIZはお前にやるよ。俺はこの荷物付きのパラと遊びてぇ。』

『悪い癖ですよ・・・まったく。判りましたよ。そのWIZは私が担当しますね。』

『頼むわwww』

こいつ、おかしいぞ!弟者のSGのど真ん中で、平気な顔して会話してやがる!!
アンフロなのか・・・ダメージを負ってる感じでもない・・・どうなってやがる。

『おい、あんま舐めた攻撃してっと、サックと殺しちまうぞwwwもっと俺を楽しませろよ!!!!!!!!!』

さくらに鞭を入れた。止まっていてはまずい、自分ひとりならいいが、今回は背中に少女を背負いながら戦わなければならない。
「弟者!紐きれるで。なんとかがんばってくれ。」
「OK~」
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトFamily @JusticePaladin Vol 5のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CopyRight 2006 Novel All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。