ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Family @JusticePaladin Vol 1 
2006.06.17.Sat / 15:22 
軍曹からの指令。
それはトランスポーター。かっくいい!!
俺は、士蕨。
幻影騎士団に所属する、パラディンだ。

今回は木箱を指定された、場所まで運ぶ仕事だ。
まぁ距離もあるし時間の約束もあるから、ペコかグランペコにでも乗って、目的地まで行く事にしようっと考えていた。
ペコ厩舎まで行くとMyグランペコ「さくら」が今や遅しと待っていてくれた。
この「さくら」は、昔狩場で拾ってきた小さい子供の野良ペコだったのだが、育ててみたら、グランペコになってしまった・・・一部の人からは

「そんなん拾ってこなくてもいいじゃん!育てるの面倒だよ。弱ってるしさぁ、なんか死にそうだよ?自然のまま死ぬのも運命ってヤツだよ?」

とか言われたが、

「俺が責任を持って育てる!!!!!!!!」

っと大声で言った、声が軍曹まで聞こえたらしく。

「まぁ、いいんじゃねぇの?」

の一声で飼う事になったわけだが・・・

「デカクなりすぎだ・・・・」

このグランペコ「さくら」は士蕨と軍曹以外乗せない、なかなか気性の荒いグランペコだが、その足の速さとスタミナは定評があった。(メスなのに・・・・)
なによりも、士蕨が手塩にかけて育てたペコである。

「おっし!さくら、久々に仕事だ、頼むよ。」

ポンポンと軽く撫でてやると「さくら」は嬉しそうに羽を広げた。


とりあえず、一旦荷物を受け取りに一路「ロンさん」の居る、モロクへ向かうことにした。

「行くぞ!さくら。ハイヨ―――――」

久々に乗った「さくら」・・・・・速い・・・・
はしゃいでいるのか、わからないが、とにかく速い、何回も振り落とされそうになったが、「さくら」の微妙なコントロールで支えられていた。
(どっちが主人かわからないなぁ~)

風を体に感じながらも徐々に暖かくなる風。モロクに近づいている事がわかる。

砂漠の町「モロク」近くに二つ大きな遺跡「ダンジョン」も存在する。
古の町、冒険者やそれに物を売る商人など様々な人々の往来がある。砂漠のオアシスも兼ね備えている。
まぁ一々町の説明をしないで、さっさと「ロンさん」の所に行って荷物を受け取るべ。

「ヨク、キタネー。マッテタヨ。」

「いや、ロンさんわざわざ変な言葉で話さなくてもいいですよ。」

「あっそう?まぁ今回の荷物は、これっと。」

店の隅の方にあった、木箱・・・これが結構デカイ、俺の腰位まである立方体の木箱。

(おいおい、これ持てるのかよ・・・)

「何が入っているの?って聞いちゃいけないのかw」

「そうよ、積荷は内緒、iwaoさんからの紹介されたんだから、信用できると思ったけど、平気?」

「この士蕨、依頼された事はきちんとこなしますし、秘密とあれば、秘密のまま運びましょう。約束しますよ!」

「そうよね、お仕事だからね。よろしくお願いしますよ。」

「ところで、いつまでにどこへ運べばいいんですか?」

「あぁ、そうね。この紙に書いてあるから、町から離れてから、開けて読んでね。南の門から外に出ればOKヨ。」

「了解しました。依頼受託っと。それでは失礼します。」

「ハイ、ドウゾヨロシクネ。」

「だからwwwwww」




スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
--後書き+お詫びw--

今回も短めですけども、更新をまったくしないのも、読者様に失礼なので、とりあえずUPしました。

これからもよろしくお願いします。

ファミリー@ジャスティスパラディン
どうぞ、よろしく!!!!!!

- from じゃぎ -

   非公開コメント  
スポンサーサイトFamily @JusticePaladin Vol 1のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CopyRight 2006 Novel All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。